logo
Home

Top news

サティシュクマール 映画

サティシュ・クマールの思想 ―ホリスティックな学びの観点から― 豊田 千代子 はじめに 本稿は、インド出身の思想家、サティシュ・クマール(Satish Kumar,1936 ‐現在)の思想について考察することを目的としている。特に、ホリスティッ. サティシュの言葉の数々の中で、何かみなさんの心に刺さることがあったのではないでしょうか。 グローバル経済は「強欲と恐れ」を根源とすると語られましたが、そうであれば、現在の私たちの暮らしのいろいろな場面での選択や動機が「強欲と恐れ」を. サティシュクマールさんの映画 「今、ここにある未来」をみてきました。 私は無意識に描くことが多くて、これを描くと決めて描くのは、少ないのですが、何を描いてたのか、答えの一つをこの映画でひろったような気がします☆. サティシュ・クマール(Satish Kumar) 思想家/社会活動家、1936年インドに生まれる。インド独立の父であるマハトマ・ガンディーの非暴力と自立に根ざした思想に共鳴し、自然や人への愛をもって核廃絶を訴える1万4千キロの平和巡礼を行う。. サティシュクマール 人気 急上昇 新着 定番 4件 西田 貴博(ニッシー、24) /10/11 13:11.

1 個人的には、エコロジーというのは、もっと関心を持たなきゃいけないなあと思いつつ、十分に本を読んだり、勉強したりしないまま、年月が過ぎていってしまっているジャンルなのである。. jpより 英国「シューマッハ・カレッジ(Schumacher College)」の創始者であり世界的な思想家であるサティシュ・クマール。 本稿は、サティシュ・クマールがカレッジの卒業生に届けてくれたコロナ禍に. サティシュクマールの今、ここにある未来 mixiユーザー(id:Javascript の設定が無効になっているため、一部の機能を利用できません。. 記念すべきスローシネマ第一作『サティシュ・クマールの今、ここにある未来』の完成から8年、制作チームはいま一度、サティシュの言葉にじっくりと耳を傾け、彼の思想を学びなおす作品を手がけたいと、イギリスの南西部に位置.

Author:blueleaf01 若狭高浜にある青葉山(若狭富士) の麓は昔から青の里 と呼ばれています。 青の里のような自然がより多く. 5月にも一度上映会を開催した『サティシュクマールの今、ここにある未来』です。 前回の報告は こちらです 。 映画を観終わったら、冷たい飲み物を囲んで、. 東京都練馬区・渋谷区の組織人事コンサルティング会社, カングロ株式会社, KANGLO(企業と人の可能性を引き出し、その先の未来を創るライフ・リデザイン&コーチング&ファシリテイティングカンパニー)のホームページ・第30回サステナ塾:<映画上映&座談会>「サティシュクマールの今. サティシュクマール 「今、ここにある未来」上映会,まちを歩いて見つけたグリコン的お店情報を、グリコン名古屋メンバーが紹介します。ほかにも、目からウロコのエコ情報から、私たちの活動まで、幅広く、なんでもありのブログです。.

無一文・徒歩で830km!. 第30回記念サステナ塾:<映画上映&座談会>『サティシュクマールの今、ここにある未来』(10/24渋谷)•講師&ファシリ. 年12月3日、チェンマイの「うさと」にて、カメラを向けるわたしに和やかに対応してくださいました。 年12月3日(土)チェンマイ南の郊外にある「うさと」にて、インド出身の英国の思想家であり平和活動家、エコロジストのサティシュ・クマール氏のお話し会がありました。. 西洋と東洋の思想をミックスさせた現代エコロジー思想の巨匠、サティシュ・クマールが、それらの問いにシンプルな言葉で答える映画「サティシュ・クマールの 今、ここにある未来 with辻信一」をサステナ塾の30回を記念して上映します。. 僕の大先生サティシュ・クマールから、「コロナ禍」に対しての素敵なメッセージ 以下、Greenz. 今から6年ほど前、私はあるドキュメンタリー映画を観に行きました。 サティシュクマールさんというインドの平和活動家の方の映画。 なんとなく面白そうだと思って観に行った映画。 そこである一つの出会いがありました。 私の人生を変えた出会い。. 映画で語られるサティシュクマール氏の言葉達は、足元を照らす灯りのように感じました。 皆さんにも、この作品に出逢うことで、何かの気付きやヒントを見つけていただければ、幸いです。 サティシュクマールさんは、、、 イギリスの思想家。.

サティシュの学校 — みんな、特別なアーティスト (ナマケモノdvdブック) サティシュ・クマール, 辻信一 他 | /12/12 5つ星のうち5. サティシュの息子さんも、ちょうど中学へ進学する年頃でした。 そこで、サティシュは近隣の親たちと相談し、地元に小さな学校を作ることにしたのです。かくして生徒数9名という少人数のスモール・スクールがスタートしました。. 平和の経済学 byサティシュ・クマール(『リサージェンス』年11・12月号巻頭言より、翻訳:辻信一) >>『リサージェンス誌』年間購読お申し込みはこちら。. 映画の上映会の成功は、何人が観てくれたかで評価をしてきたが「サティシュの学校」を観た後では「必要な人に届いたか? 」になった。 参加された「進路について悩んでいる」という学生さんは「とにかく書き留めたいことが多くて、自分だけがこれを. See サティシュクマール 映画 more videos for サティシュクマール 映画 サティシュクマール 映画. サティシュクマールさんの映画を観てきました。 春に知人から紹介されて どんな話をする方なのか気になっていました。 そしたら友達から今回のイベントを教えてもらい、観れる事になりました~ 導かれてますよね サティシュクマール 映画 サティシュクマールさんの映画は. サティシュ・クマール(ヒンディー語:सतीश कुमार, 英語:Satish Kumar, 1936年 - )は、イギリスの思想家。 インド西部ラージャスターン州の町シュリー・ドゥンガルガルで生まれ、9歳で出家しジャイナ教の修行僧となる。. サティシュの言葉には、迷いがない。 そして、明るい。 僕は英語が堪能ではないけれど、彼が発するエネルギーのようなものは、その言葉(というより音、だろうな)で感じられた。.

僕の先生であるサティシュ・クマールの映像を見つけたよ。 彼のパッション、言葉遣い、ストーリーテリング、希望と愛に満ちた在り方に僕は大きく影響を受けてきた。特別な存在。でも、近所のおじさんのような親やすい人でもある。 Green TV Japanの「エコロジーとエコノミーの定義とは. 07年公開の映画地球交響曲第六番に出演。 茶の湯の文化、精神性にも強く惹かれ、毎年秋に「雪堂茶会」を行う。 世界最古の祈りの楽器と日本人としての精神、文化を柱に世界各地の聖地での献奏活動を行ない続けている。. 年10月23日、エコロジーやガイア哲学を学びにトットネスにあるシューマッハカレッジを訪問し、創設者であるサティシュ・クマー ル氏が語って下さったことや質疑応答、その時お話の様子をサティシュ氏の言葉を訳してお届けします。 サティシュ・クマール(Satish Kumar 1936生まれ. サティシュの思想をみんなにシェアしたくて、これまでに開催したサティシュ映画の上映会は20回以上。 「世界を変えたかったら、まずは自分から。」 ・これからの新しい時代に向けて、自分らしく、何か行動を起こしていきたいと考えている方。. サティシュらしい素敵な知恵をたくさんいただきました。ぜひ繰り返し読んで、味わい、考えていただけたらうれしいです。サティシュの笑顔にまた会いたいなと思います。 取材日:年3月27日.

/40 /183-77114941e /96/c77ebe3c7a33 /bc9da3d876d4-85